私はいつみかんを食べるべきですか。

朝食


オレンジは朝食の人気のある選択であり、ビタミンCの絶好の源でもある。この栄養素は免疫機能に重要であり、感染対策に役立つ。心臓病を予防し、健康な体重を保つこともできると考えられています。
みかんは健康的ですが、適量を食べたほうがいいです。大量の柑橘類の果物は酸性と消化不良を引き起こす。また、繊維が豊富で、消化に影響し、腹部痙攣や下痢を引き起こすことがあります。

ランチ


さわやかな生搾りオレンジジュースはあなたの一日の良いスタートです。他の果物と組み合わせることも、店で購入したビタミンDが豊富な果物を選ぶこともできます。
オレンジは繊維、カリウム、ビタミンCの重要な源である。葉酸も含まれており、妊婦は葉酸を赤ちゃんの出生欠陥を予防する必要がある。しかし、一度にオレンジを食べすぎると、一部の人の酸性度と胃焼けになることがあります。

夕食


オレンジや他の柑橘類の果物は空腹で食べて、最高の栄養吸収を得るべきだ。それらも適量に食べるべきで、特に酸性度や他の胃に関連する問題を抱えている場合、レモンの果実が多すぎると胃の中の酸の形成が増加するからです。
オレンジは葉酸が豊富で、葉酸はビタミンB化合物で、DNAとRNAを産生し、炭水化物をエネルギーに変換し、皮膚と目の健康を維持するのに役立ちます。また、柑橘類の果物にはビタミンCも含まれており、これはがんに対抗し、細胞を保護するのに役立つ強力な酸化防止剤です。目標は週に2つのオレンジを食べて、十分なビタミンCを摂取することを確保することです。

就寝時間


夜にオレンジを食べるのはいい考えではありません。それが丸ごとであれジュースであれ。原因は消化器系が消化しにくいことであり、これは灼熱と消化不良を引き起こす。このおやつは、脳が睡眠に重要なメラトニンを生成するのを阻止するため、睡眠能力を妨げることもあります。
また、みかんは酸性で胃によくありません。これらはまた、過剰な酸の形成を引き起こし、腹部膨満、膨張、胃腸管不快を引き起こすこともできる。また、胃食道逆流症の症状を悪化させることもあります。そのため、朝や昼にオレンジを食べたほうがいいし、必要なら寝る前の果物としてもいい。