ジョギング

筋力


より強い筋肉を持つことで怪我を防ぎ、ランニング中のパフォーマンスを向上させることができます。歩くたびに体重の3倍の力を吸収することができ、関節を通じて加わる力を最大限に減らすことができ、関節の痛みやけがのリスクを下げることができます。筋力は良い姿勢やバランスにも重要で、背中の痛みを防ぐこともできます。
筋肉持久力と力はいくつかの点で似ているが、TuttleとJeffersは短期間の強度と繰り返しではなく、長期的に筋肉持久力に注目することの重要性を強調し、ジョギングでより良い効果を得ることができる。

心血管健康


すべての有酸素運動のように、ジョギングは心臓と血管を増強し、コレステロールと血圧を下げ、カロリーを燃焼し、全身の酸素の流れを改善することができる。2014年の研究によると、ランナーが心血管疾患で死亡する可能性は脳卒中や心臓発作を含む45%低下した。しかし、運動靴を持って出発する前に、全科医に診てもらってください。特に40歳を超えたり、重量オーバーになったりしたときは。

メンタルヘルス


体に良いトレーニングがあるほか、ランニングやジョギングは脳にも良い活動です。ジョギングや適度な速度で走ると脳の血流が増加し、情緒や記憶力の改善に役立つことが明らかになった。うつ病や不安を緩和するのにも役立ちます。
これは運動がエンドルフィンとセロトニンの放出を刺激するためで、これは脳の中で情緒を改善する化学物質である。ランニングもストレスを軽減することができます。それは体に内因性大麻を放出させることができるからです。これは大麻のような天然化合物で、痛みを軽減し、幸福感と満足感を誘導するのに役立ちます。

損傷の予防


怪我はすべての運動のリスクですが、正しい態度と簡単な予防措置を取れば、ランニングの怪我は回避できます。
過度な使用によるダメージを避けるためには、ゆっくりと走る距離とスピードを増やすことが大切です。同じ筋肉を使いすぎないように、クロストレーニングをトレーニングに取り入れなければなりません。走る前にウォーミングアップとストレッチをして、その後は必ずリラックスしてください。適切な回復も重要です。これには、休み、よく食べ、水分を保つことが含まれます。